有限と無限の間

真の生きる道を模索中。

また妊娠したいと行動した日々③

 なんだか少し秋めいてきました。日差しが柔らかく、風が秋っぽい感じです。

まぁ、まだ暑くはあり、湿気にやられている私ではありますが、季節でもなんでも確実に変化していくものなのですね。

yaniyo.hatenablog.com

 

前回の内容は、不妊専門の病院に行きカウンセリングで看護師に死産の原因は私の卵子が高齢であること、そして、死産はもう忘れてしまいなさいと助言をされ不信感がニョキっとはえてきたところで終わりました。

 

今、現在、少しは冷静になってこの発言で思うことは、

まず、調べてもいなにのに、端的に原因を勝手に言ってしまうのは医療を携わる看護師としてどうなんだろうかと思いました。

私は死産後原因を医学的に調べてもらいましたが、担当医から原因は不明と言われました。このことを看護師さんに伝えなかったのは、また何か言われて傷つくのが嫌だったんだろうなと思います。そう思うと患者である私は既に心を閉ざしていて、カウンセリング失敗やんけ!!というのが正直な感想です。

死産のことは忘れて次に行こう発言は、人の辛さがわからない人なんだろうとは思いますが、不妊治療の病院に来ているのだから、励ます意味で言ってくれたかもしれないなと今では思えます。

この件で、私は人を励ますって本当に難しいことだとわかりました。

良かれと思って言った発言で私もこの看護師さんと同じように私も誰かを悲しませてきたことがたくさんあったんだろうなぁと。過去を振り返る機会にもなりました。

そう思うと、私もこの看護師さんのことを言えるような立場ではないのかもしれません。

 

さて、看護師さんというひとつのダンジョンを終わらすと、ラスボスのお医者さんです。

診察室に入ると、年齢などを確認されてとりあえず、婦人科特有のあの特殊な椅子にス座って、子宮の中を調べてもらいました。

「もう少しで排卵しそうだね。子宮膜もいい感じだね」

と言われたのを記憶してます。

そうか、私にはまだ卵があったのね。。。なんて思った気がします。

お医者さんより、どうやって治療していきますか?みたいなことを言われて、実は何も考えていなかったことに気が付きました。

この先こどもが無理であろうことを確認するために病院に行っているので、今後の展開?など特に考えていなかったのです。(なんて後ろ向きなんだろうか。。)

「とりあえず、タイミング法を。。」なんて言ったような気がします。

するとお医者さんは

「まぁ、まずは、色々調べてみましょう。」

そう言われると私は食い気味に

「是非お願いします!!!」とそこだけ積極的でした。

「血液検査や、卵管造影剤で卵管を調べるのがありますが、どうしますか?」と言われて、

「基本的な検査はとりあえず全部お願いします!!」

この時の私はやりきった感満載でした。これで当初の目的は果たしたぜ。。。

続けてお医者さんは、

「タイミング法だけど、あなたの年齢だと3回くらいやったら、次にいったほうがいいですよ。もう高齢なんですから、とにかく急がないと。タイミング法もやらずに次にいくことを私は勧めます。人工授精もそんなに意味ないですよ」

みたいなことを言われてぽかーんとする私。そうか、不妊治療外来だもの、積極的に治療するわけだよな。自分の体が悪いだろうところを調べて子供を諦めるために病院来る人ってそんなにいないよな。。しかし、こんな心づもりな人間がいきなり高度な不妊治療するのは何かがおかしい。。

考えた末私は、

「とりあえず、体を検査して結果が分かってから治療法を考えたいと思います。それまではタイミング法で様子をみてみたいです。」

私はこのように答えました。

お医者さんは、

「わかりました。とりあえず、排卵しそうなときにもう一度来てください。〇日です。それと、血液検査をするので処置室に行ってください。今日はこのくらいになります。」

「はい、わかりました。どうぞよろしくお願い致します。」

 

その後、血を抜かれて、次の予約をして支払いをして帰りました。

どっと疲れましたが、とりあえず、病院には行けました。

帰ってすぐ寝たのを覚えてます。

 

次回、検査結果に驚きの巻です。

それでは、この辺で失礼します~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また妊娠したいと行動した日々②

遅くなりましたが、次回からの続きです。8月初旬にすごく見てくださる方がいらっしゃったようでうれしかったです。牛歩のごとくですが、書き続けようと思います!

 

yaniyo.hatenablog.com

 

病院に行くことを夫に話したとき、夫は「必要ないんじゃない?」と言いました。死産したとはいえ、自然妊娠できたのだからというのが彼の意見でした。彼のいうことも最もなのは今だとよくわかるのですが、追い詰められているので行かなくてはいけない!!という強い意志だけがありました。

 

この時の行動は、何かをして気をそらせたかったのかなと思います。

 

なぜなら、死産したときに、こどもの検査もしてもらいました。こどもは染色体異常の子でした。お医者さんは我々に非はなく、どうしてそうなったかも今の医学ではわからないと仰ってました。

お医者さんには我々夫婦はなにも悪くないのだよと言っていたけれど、私は私が悪いんだとつよく、強く思っていました。なぜか夫が悪いとは思わなかったのは今も不思議なのですが、自分を責めることで、こどもは亡くした苦行から逃れたかったんだろうなと思います。

 病院に行くことで、自分の体の悪いところがわかって、これでこどもを諦められる。

そんな気持ちで病院へ行きました。

 行動は前向きにみえますが、気持ちは全く前向きではありませんでした。

 

 

病院は不妊外来を専門にしているところ、こどもがいないところ、家からなるべく近いところがカバーできているところを選びました。予約を取ってから病院に向かうとそこにはたくさんの女性はおりました。

 

みんな不妊で悩んでるのね。。。

 

そう思うと自分だけ辛い思いをしてるわけじゃないんだなぁと少し思いました。

 

けっこう待たされて呼ばれると、まずは看護師さんからカウンセリングを受けました。今までの妊活の状況を話さなくてはいけないので、死産した話もしました。話しながら泣いてしまいました。

すると看護師さんは、

「死産は大変だったけれど、それはやはり卵子の老化が原因です。死産のことは忘れて治療に専念してください。」

とはっきり仰いました。

 

とてもきれいで、若い看護師さんでした。

死産は忘れてに涙が引っ込んだ。

この人はこどもができなくて悩んでる人とか、死産して辛い人の気持ちはまずわからないんだろうなぁ。

性格の悪いわたしは

「くそ!きれいで若いからって!将来不妊に悩め!この野郎!」と心の中で悪態をつきいた。まぁ、すでにこどもがいるかもしれないし、こども欲しいと思ってもいないかもしれないけれど。あと、きれいとかあんま関係ないけど。

 

でも、「死産しろ!」とは思えなかった。

 

やっぱり死産は辛い。とっても辛い。

私の知ってる人にも友達にもできれば世界中の女性がこんな重い経験してほしくない。みんな安心して出産できればいいのにな。

 

でも、そうはいかない世の中に軽く絶望を覚えた。

 

看護師さんは前向きになってもらいたくて仰ったのかもしれませんが、死産により心が崩壊している私にとっては「この病院なんかやだ・・・・。」と思う最初のきっかけになりました。

 

 

てなわけで、私のはじめての不妊外来は不信感いっぱい!で幕を開けました。

次回、先生の診察!!さて不信感はどうなってくかな?

 

と、こんなところで失礼します~~。

 

 

また妊娠したいと行動した日々①

たしか死産してから、9か月か10か月経った時です。

今後自分の人生をどうするかと考え始めました。

 

子供がまた欲しいのか?会社に復帰するのか?それとも辞めるのか?

 

会社のことは考えたくなかったので、まずは「こども」について考えることにしました。今後私と夫の人生に「こども」がいる人生るするのか否か。

 

死産した後は焦っていて、すぐにこどもが欲しいと思っておりましたが、なかなかうまくいかず。死産するくらいだから、やっぱり体のどこかが悪いのかもしれないと悪い方に考えがちでした。

時間だけはあったので、死産した方のブログを読み漁り、妊活している方のブログを読み漁っているうちに、あれ?もしかして私にはもうあまり時間がないぞという事に気が付きました。

その時でもう私は高齢出産にあたる年齢になっておりました。

そう、私にはもうこどもが持てる可能性は低くなりつつあるのだ。そして、もし不妊治療になった場合の資金に余裕がある懐事情ではない。高額な不妊治療なんて無理である。

こどもは出来るか、出来ないかで悶々とするくらいなら、一度自分と夫の体を調べてみてはっきりさせよう。もし結果が悪かったら、どうしよう。。まぁ、しょうがない。こどもがいない人生を選べばいいのだ。

 

そんな訳で、私は不妊外来に行くことを決心したのであります。

 

本日はこのへんで、失礼します~。

 

近況

久しぶりすぎですが、またブログを書こうと思います。

最後の記事は会社の辞め方でしたね。なんだかとっても遠い昔のような感じがします。

今となっては、退職代行をしてくれる会社も出てきまして、世の中ちょっとずつだけど変わってきてるんだなぁと感じる次第です。

 

yaniyo.hatenablog.com

 

さて、最近の私ですが、実は2018年の4月に男の子を出産しました。息子は今1歳です。この1年は子育てに追われていました。あ、今もですが。。

私は死産を体験しております。死産してすぐの時は焦っていて、早く妊娠していて、取り返さなくては!!と思っていた時期もありました。

はて?何を取り戻すのだ?って、今思うともう精神的にちょっとおかしいんですけどね。。。

死産した子は、その子であって、取り戻せるわけはないし、その子はその子でいいはずなのに。

そんな訳で、妊娠するまでも色々ありまして、妊娠がわかった後も色々ありました。

妊娠・出産はとても嬉しいもののはずなのですが、私はかなり欝々して生活をしておりました。いつでも恐怖は私を取り巻くのですよ。

また死産するかもしれない。。

いつもその恐怖でいっぱいでした。

確かに、妊娠して嬉しかったんですよ。それは本当にそうなんですけど、死産のショックが強すぎて、前向きにはなれませんでした。

人からみたら幸せな時期なはずなのに、暗いことばっか考えておりましたので、もし、今妊娠中であるのに、不安でいっぱいとか、幸せな気分になれないという方がおられましら、安心してください。

 

ワイもかなりのもんやったで。

 

 

こんなところで、今回は失礼致します~~

 

 

会社の辞め方:私の場合3

会社をどうやって辞めたかを書いております。前回までの記事はこちらです。

yaniyo.hatenablog.com

 

会社から退職するための書類が届きました。

書類の中身はあまりもう覚えてないけど、退職します的な書類とあとは健康保険や厚生年金から抜けるための書類や社員証を返却のための書類だったと思います。

 

書く内容も大したことなくて、正直、こんな簡単で済むんだな、会社との縁が切れるのはと思いました。

このくらいだったら人事や上司に会って説明してもらう必要がないくらい簡単なペーパーワークでした。普通に社会人をしてたら誰にだってできるようなものです。

 

書類を書いて、社員証と保険証を返す。

 

ほんとこの程度です。

 

総務を経験していた友達がいうところ、

『退職者の書類がぬけていたり、よく説明書を読んでくれなかったりで書類が間違えてて、2度手間になるから総務としては説明したいんだよ』言ってましたが、間違いようがない内容だし、会わずにすんで書類の行き来だけですむなら総務だって楽なんじゃないのかしら?総務の時間短縮してるんだからと私は思いました。

 

という訳で、書類さえもらっちまえばなんとかなるというのが私の結論でございました。

 

退職時に会社から会って話そうと言われるかもしれませんが、辞めるともう心に決めているのであれば話す必要などありません。『書類をください。』で済みます。また、会わないで辞めるなんて社会人としてダメなんじゃと思いがちですが、そんなことありません。個人的なことでメンタルやられてはいますが、会社にとどめを刺された私です。会わずして辞めたことにより私のメンタルは安定しました。もし会っていたら心ないこと言われたことをどうしたって思い出してしまいます。

 

『社会人として』という言葉は時に己をがんじがらめにします。私もそうでした。でも、社会性よりも己を守る方が何よりも大事です。

私は色々な人に助言を求め、助けられてこのような辞め方ができました。真面目な人ほどきちんと辞めないとと考えがちでありますが、ひどいことされた会社にきちんとする必要はないと思います。

自分を守るためにも勇気を出して行動してみてください。

案外簡単にできますよ。

 

では、本日はこのあたりで失礼致します~。

 

会社の辞め方:私の場合2

 暫く間が空いてしまいましたが、今回のエントリーは下記の続きになっております。よろしければ読んでみてください。

yaniyo.hatenablog.com

 

スーパーキャリアウーマンのNちゃんからアドバイスしてもらったものの、私は携帯を握りながらどうしても上司にメールを打てずにいました。

しかし、Nちゃんと約束した1週間ももう少しで過ぎてしまう・・・。過ぎてしまうと益々やらなくなる、否、できなくなるのは火を見るよりも明らか。今やらずしていつやるか!私は意を決して携帯を手にし、メールを打ち始めました。

 

上司へのメール

【お疲れ様です。申訳ありませんが、会社を退職することにしました。退職のお手続きお願いしたく、書類の送付をお願い致します。】

 

手が汗でにじみ、携帯がべとべとになってしまったが、なんとか文を打つことができました。あとはこれを送るだけ、、

 

や、やばい、ドキドキする!!

わたし『夫、どうしよう!やばいよ!!』

夫『大丈夫だから送信しなさい』

一人では送信すらできなそうだったので、夫かいる時間帯を選んで作業していました。

わたし『そりゃ!!』

意を決して送信ボタンを押す

わたし『や、やばいよ!!どうしよう!!』

見守る夫。

 

上司から速攻メールが来る

【お疲れ様です。退職件、了解しました。総務へ連絡致します。』

私からのメール

【お疲れ様です。お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。】

わたし『はぁ、はぁ、はぁ』

この作業だけでもう疲れてしまっているわたし。

 

暫くすると、再度上司よりメールが来る

【総務へ連絡したところ、お会いして書類等やりとりしたいとのことです。会社に来るのが無理でしたら、ご自宅近くに総務が伺うとのことです。私の同行しますのでご安心ください。】

 

この文章で私は軽く動転しました。

 

わたし『夫、どうしよう!!会社行かなくちゃなのかな。てか、家の近くなんてもっと嫌だよ!上司も来るって!どうしよう!!全く安心しないよ!!』

夫『書類だけくださいとまたメール返信すれば大丈夫だよ』

わたし『そうなると、なんで会えないかとか言わないとだめだよね!?なんて打てばいいんだろう・・。どうしよう。病気で無理ですとか言えばいいのかな?なんて打てば・・・』

どうしていいか分からず、オロオロするわたし。どうやら会社の人と接すると極端に知能が低下するのです。

夫『携帯貸して』

頭が回っていない私は促されるまま携帯を夫に渡しました。そして夫はメールを打ち始めました。

わたし『え?え?なんて打ってるの?!』

夫『まぁ、悪いようにしないから任せなさい』

と言って颯爽とメールを送信してしまいました。

わたし『え?!なんて打ったの!?』

夫『退職の書類送付お願いします。って送ったよ』

わたし『え?!送っちゃったの?!理由とかいらないの?』

夫『理由なんて会社に伝える必要ないでしょ』

呆然とする私。確かに、会えない理由をあえて伝える必要性なんてないような・・・。

 

事の起りを頭で整理していると、上司からまたまた速攻で返信がきました。

【了解しました。退職の書類自宅にお送り致します。】

 

あれ?なんか思い通りにいったよ。。。。

わたし『夫!!夫!!書類送ってくれるって!!やったよ!!やったよ!!よかった!!』

感激する私と冷静によかったねと言ってパソコンに向かう夫。

なんだろうこの温度差は。

 

このように周りの協力の元、私は退職の書類をゲットすることに成功しました。

 

 

会社の辞め方:わたしの場合

 私ただいま絶賛無職で、無事に会社を辞めた身であるのですが、今回は私の会社の辞め方、手続きの仕方について書こうと思います。

↓この記事↓は、辞めるという決断をした心の流れを書いてます。良かったら是非読んでくださいね。

yaniyo.hatenablog.com

 

あくまで私の場合ではありますが、もし辞めたいけど辞めれないなどと悩んでおられる方がおられましたら、参考にして頂ければと思います。

会社辞めるって結構簡単です。

 

さあ、辞めようと決断したのですが、如何せん会社と連絡取りたくなかった私でした。連絡を取ると思っただけでも、ストレスでどうかなりそうです。

私と会社との流れを簡単に説明すると、

死産(入院)→病気欠勤扱い(産後休暇貰えない)→復職→休職→会社を退職しようと決断!!(→今ここ)

 

連絡先である私の上司にあたる男性は、これから死産の手術をすると言っているのにお見舞いに行かせてくれと言ったり、私の休職理由をまだ軽い方で良かったとか言ってしまうかなり香ばしい方です。

そう、辞めるにはこの人に連絡を取らねばならない。。

それだけで、私は脳みそがフリーズし、体がガチガチに緊張してしまうのです。たかが連絡を取るだけで、どうしようどうしようと悩み続け、ただ月日は流れておりました。

このままではいかんと思った私はお友達に相談することにしました。

この友達はNちゃんといいまして、超絶キャリアウーマンでもあり、転職も何回も経験している社会の荒波を見事に乗り越えているスーパーウーマンでありました。

 

私「仕事辞めようと思ってるんだ。」

Nちゃん「いいんじゃないかな?やんちゃんとっても大変だったし、いい決断だと思うよ」

私「うん、そうなんだけど、上司と連絡取るのか嫌でさ。話したくないんだよね。情けない話なんだけど。」

Nちゃん「そんなのメールでいいじゃん。」

私「え!メール?!」

Nちゃん「うん。辞めたいので書類送ってください。これでいいんだよ」

私「マジで!!???」

驚愕する私をしり目にNちゃんはいたって普通に接していました。

私「で、でもそんなことしたら、社会人としてやばいんじゃないかなぁぁぁ」

Nちゃん「だってやんちゃん、お医者さんから診断書もらってるでしょ?病気なわけだし、話せないのなんて当然じゃん」

私「はっ!!!!た、確かに!!」

Nちゃん「私も会わずして辞めたこと2回くらいあったよ。だって私も診断書もらってたし。まったく問題なく辞められたよ」

私「そ、そうなの?」

Nちゃん「うん。そうそう、簡単簡単。やんちゃんでもできるよ」

そういってNちゃんは注文したあんみつを美味しそうに食べていました。そうか、そんなもんでいいのかと私はそんなNちゃんを見つめていました。

このNちゃんは激務で体調を壊したりしておりましたが、転職を何度も体験し、成功させて今もバリバリに働いていました。彼女は私と違ってスーパーウーマンでありましたが、そんな彼女から簡単だよと言われるとなんだか自分でもできそうな気がしてきました。

Nちゃん「とりあえず、この1週間以内にその上司に辞める旨をメールしてみなよ」

わたし「わかった!!とりあえず頑張ってみるよ。ありがとう」

Nちゃん「あ、私このあとアポイントがあるから、またね」

とタイムマネージメントが完ぺきなNちゃんは颯爽と去っていきました。そんなNちゃんからミッションを与えられた私は上司にメールすることにしました。